スキンケアは日々の積み重ね!!!

肌がきれいな人と、それほどでもない人がいますが、きれいな肌の人は褒められても、汚い肌のことは、仲がよい人でもなかなか言えることではありません!!

もし「あなたは肌が荒れているし、脂ぎっているね」なんて言おうものなら、けんかになるのが関の山です。 体質が肌質に影響する仕方がない部分もありますが、日々の生活習慣を変えるだけで、ある程度肌をきれいに保っておくことができます!!!

 

たくさん紫外線を浴びるなど、外部からの刺激スキンケアの大敵です。 また、極度の乾燥状態のまま放置してしまうのも危険です。 初夏の日差しの紫外線も強烈であり、「夏の日差しさえ気をつければ、問題はない」と思っているのは大きな誤りです。 朝日を浴びるのは、体内時計をリセットするために良法ですが、日焼け止めや日傘、UVカットの衣服などで昼間の紫外線をガードしましょう!!

乾燥しやすい風呂上りに、化粧水や保湿クリームなどを塗布し、顔や体を保護する乾燥対策を行いましょう。 日中のこまめな水分補給も、肌の潤いを保ってくれます。 肌をきれいにしようと、洗顔のとき必要以上にゴシゴシ強くこすり過ぎると、肌荒れの原因になります。

日々の食生活が肌にも影響し、たくさん脂質が含まれた食事を摂り過ぎていると、脂っぽい肌になります。 バランスのとれた食事を適量摂るようにしましょう。 さらに、しっかりと睡眠時間を確保し、疲れをためないようにすることも効果的です。 いずれにせよ、「これだけやっていれば大丈夫」というスキンケア方法はありません。 スキンケア商品に頼りすぎず、生活全体を見直してみましょう。